NGCとは?


奥多摩バイブルシャレー
NGC プロジェクトとは?

奥多摩バイブルシャレーは、創設50周年を迎えるにあたり、バイブルキャンプ場としての自らのあり方を見直しました。これまでのキャン プのプログラムや利用者、施設やロケーション等から、当キャンプ場がどのように諸教会にお仕えしていくことが主のみこころかを求めてきました。そして、こ れまでの現状をふまえながら、当キャンプ場の働きの強調点として、子どもたちの信仰決心とそれに続く成長、そしてファミリーの霊的な必要を掲げることを確認しました。このためにどのようなプログラム、働き人、施設が必要であるかを求めてきました。
こうして、NGC(ネクスト・ジェネレーション・フォー・クライスト)プロジェクトが決定されました。ご紹介いたします。

NGCプロジェクトでは、
プログラムは、小学生から青年までの各キャンプがもっとひとつの流れ(連続 した流れ)になった形で提供されるよう準備をしています。それによってキャンパーを送り出してくださる諸教会のプログラムとして利用しやすくなるでしょ う。キャンプ場としてもキャンパーの成長の過程を的確に知ることができ、ひとりひとりへのアプローチをさらに深めることができます。

そのための働き人の育成も重要な課題です。よい導き手とは、取り次がれたみことばがキャンパーの心に十分に届くことを手助けできる人であり、時間をかけながら継続的な訓練によって育てられます。これはキャンプ場が提供するというよ りもキャンパーをお送りくださる諸教会との二人三脚の歩みです。

そして、それらの働きを実際に行う施設が必要です。ダイナミックにかつ繊細にプログラムはすすみます。日常とは違う環境が必要です。また静かにみことばに集中できる環境も必要です。現在、奥多摩バイブルシャレーでは、2つのグルー プが同時にプログラムを行うのがやっとの状況です。私たちはこのために3つのグループが同時に集会をもてる施設を願っています。そのことによって申し込み の実情にも応えることができます。また、限られたスペースをユニークなプログラムで使用するために、新たなアクティビティエリアも増やします。そのため に、老朽化している現施設をこれらのビジョンに従って建て直していこうとしています。

どうぞ、いっしょに幻を描いてください。新しくされた奥多摩バイブルシャレーのキャンプを通して、子どもたちが成長していく様子を。 キャンプ場が、友だちといっしょに汗と喜びにあふれている子どもたちの姿であふれている様子を。数年後に、かつてのキャンパーが家族でキャンプ場を訪れ、 次の世代の子どもたちのために祈り、主を伝えている姿を。どうぞ、いっしょにこの主の働きのために祈ってください。そして、この働き、奥多摩バイブルシャレーだけでなく、諸教会の働きに仕えるキャンプ場の働きのためにおささげください。