デザイナー紹介

  プロジェクト設計士 富澤 実 先生紹介
Minoru Tomizawa


 

 

NGCの将来計画を考える時に専門家の導きが必要だと思われました。その中で、実績から最適任者として富澤実兄に相談することになりました。
単に、建物設計に留まらず長期の計画について具体的なプランを作ってもらっています。OBC委員とスタッフから出される、無数の要望をまとめ、計画に取り組んでもらっています。
ご自分の松原湖バイブルキャンプでのキャンパー、奉仕者としての抱負な経験からキャンプ宣教への重荷をお持ちで、現在は松原湖バイブルキャンプの委員のひとりでもあられます。
芸術家の確かなセンスと、性格の温厚さとを持ちあわせておられ、また、何より主に従うことから設計の働きをされている姿勢を、いつも見せていただいています。

これまで手がけられたお働きから、日本のクリスチャンキャンプでは設計の第一人者といっても過言ではありません。続けてご助力いただきNGC計画を進めて行きたいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Profile

愛知県豊橋市で牧師家庭に生まれる。高校1年生で受洗。高校3年生の時に松原湖バイブルキャンプの高校生キャンプで建築の道へ進む思いが与えられる。名城大学理工学部建築学科卒、大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。同大学院研究生として学ぶ。1993年1級建築士免許を取得。株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所に入社。同社勤務10年を経て、 2004年富澤実一級建築士事務所(登録)niko designを設立、現在に至る。日本同盟基督教団 武庫之荘めぐみ教会々員

 

<作品>
松原湖バイブルキャンプ「レイクサイドシオン」「スタッフハウス」、YWCAのじりキャンプ場「ゆかりハウス」、浜名湖バイブルキャンプ「チャペル」、キリスト改革派神港教会、同盟基督安中聖書教会、日基東梅田教会、大阪YWCA大宮保育園ウィスタリア 他

 

 

 

 

松原湖バイブルキャンプ レイクサイドシオン

 

 

 

改革派神港教会

 

 

同盟基督教団 安中聖書教会